ラクトフェリンサプリ詳細

ラクトフェリンサプリメントは腸内環境を整える目的だけでなく、代替医療の代わりとして注目されているものです。日本や海外でも多くの研究機関が存在しており、免疫力や脳への作用、抗菌性による病原菌からの影響を減らす効果などが期待されています。ラクトフェリンの健康や美容効果については、まだ研究が始まったばかりで明らかにされていない部分も多いのですが、もともと母乳に含まれ赤ちゃんの健康を守る成分として知られ安全性が高いものと考えられます。近年では熱に弱いラクトフェリンを安定した形で抽出できる方法が開発され、ラクトフェリンサプリメントやラクトフェリン入り乳製品などに加工されるようになりました。ラクトフェリンについては動物実験や臨床試験などにより、効果が医学的に確認されたものも見られています。

ラクトフェリンサプリ正しい飲み方

動物実験によりラクトフェリンが効果を発揮させるのは、24時間程度だといわれています。したがってラクトフェリンサプリメントを飲む場合は、時間にこだわらず1日1回継続して飲むことが大切だといえます。
ラクトフェリンはもともと母乳に含まれる成分ですから、ほかの食品やサプリメントの成分と相性が悪いといったことはありません。食前や食後に関わらず飲むことができますから、続けやすい時間帯を見つけてみましょう。
1日に必要なラクトフェリンの量は150mg前後だと考えられています。ラクトフェリンサプリメントでは100~300mg程度含まれていることが多く、これを目安に選んでみましょう。過剰摂取で副作用は認められておらず、上限はとくに考える必要はありません。それよりも毎日服用しやすい量であることが大切です。

ラクトフェリンサプリ正しい選び方

ラクトフェリンサプリメントは「腸溶性」のものではなければ意味がありません。ラクトフェリンは酸や熱に弱く、口から取り込むと胃酸でほとんどが消失します。腸溶性とはサプリメントの成分をコーティングしたり、カプセルに入れたりして、胃で溶けず腸まで届くようにつくられたもののことです。しかし、ホコニコのようにラクトフェリンが胃で分解されるとラクトフェリシンに変わり、さらに抗菌性が増すという研究データもあります。これについてはどちらが正しいかは明確な答えは出ていないため、どちらを信じるかは個人の考え方ひとつになります。しかし、人の腸は6mもの長さがあり、ラクトフェリシンに分解された場合に、小腸の端まで到達できるかは考えさせられます。やはり効果的に腸の隅々まで成分を届ける意味では、腸溶性サプリのほうが良いのではないでしょうか。