子宮内フローラ改善作用

ラクトフェリンには子宮内フローラを改善する作用があります。

なぜ子宮内フローラを改善する必要があるかというと、妊娠率・妊娠継続率・出産率に関係しているためです。

子宮内フローラについては、近い将来にでも妊娠を考えている女性であれば、知っておくべき情報です。

ここでは、妊娠と子宮内フローラ、ラクトフェリンと子宮内フローラの関係を説明しましょう。

子宮内フローラの重要性

子宮について説明する女性腸内にある細菌の状態を「腸内フローラ」と呼ぶように、子宮の中にいる細菌の状態を「子宮内フローラ」と呼びます。

子宮で大きな役割をもつ善玉菌は「ラクトバチルス菌」という乳酸菌です。
ラクトバチルス菌は、膣内を酸性に保つことで悪玉菌が侵入してこないよう膣や子宮を守ります。

悪玉菌は不妊症や流産、早産の一因とされる子宮内膜炎、卵管炎、骨髄腹膜炎などを引き起こす原因になりますから、膣や子宮内を守り、子宮を胚が着床しやすい子宮環境に整えてくれるのです。

「子宮内フローラが良い状態」とは、ラクトバチルス菌が90%以上の状態のことを指します。

スペインのクリニックで行われた、不妊治療患者を対象にした調査では、
子宮内フローラが妊娠から出産までの間に大きな影響を与えていることがはっきりと分かりました。


表を見ると、ラクトバチルスが90%未満でも妊娠は可能ですが、
90%以上の場合と比較して、妊娠率は半分以下、生児獲得率に至っては、約10分の1にまで下がるということが分かります。

つまり、「ラクトバチルス菌が子宮内に多くいる」=赤ちゃんを授かりやすくなり、妊娠継続率や出生率も上がるといえるのです。

子宮内フローラが良くない状態だとしても、妊娠することはありますが、流産や早産のリスクがあるため、これから妊娠を考えている方は、子宮内フローラを改善させるに越したことはないのです。

子宮内フローラを改善するには

子宮のイラストでは、子宮内フローラを良くするラクトバチルス菌を増やすには、どうしたら良いのでしょうか?
それは、ラクトフェリンという成分を摂取することで解決されます。

ラクトフェリンはたんぱく質の一種で、子宮内の善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑制する働きがあります。

実際に、ラクトフェリンサプリは産婦人科でも取り入れられており、不妊治療中の患者さんの子宮内フローラを改善するために使われています。

<補足>
子宮内フローラの状態は、産婦人科で「子宮内フローラ検査」というものを受けることで分かります。
検査方法は、子宮ガン検診と同様で、クスコを使って子宮の奥から細胞を採取し、専門の施設へ送られます。検査結果は3週間~1か月後。
痛みは個人差があり、あまり感じない方や生理痛のような鈍痛を伴う方もいます。
現時点で、子宮内フローラを改善する治療はなく、どの病院でもラクトフェリンサプリを推奨しています。
検査は4~8万と高額ですから、検査を受けるよりはラクトフェリンサプリを飲んだ方が経済的です。

ラクトフェリンサプリ選びのポイント

サプリメント

  1. ラクトフェリンは続けることで効果を持続するため、定期便のあるものがベター。子宮内フローラを改善するには約3か月以上かかります。
  2. 効果を発揮するために「耐酸性」または「腸溶性」加工がされていて、配合量が有効摂取量である300ml以上のサプリを選びましょう。乳酸菌配合のものはなお効果的です。

ラクトフェリンは、腸まで届くサプリメントから摂る必要があります。
というのも、ラクトフェリンは「腸にある受容体に届くことで効果を発揮する」にもかかわらず「酸に弱い」という性質があるのです。

そのため、胃酸に負けずに腸まで届く「耐酸性」または「腸溶性」加工のされているラクトフェリンサプリで摂る必要があります。

★オススメのラクトフェリンサプリ★
 ホコニコのラクトフェリン公式サイトはこちら
☑耐酸性でプレバイオティクス・プロバイオティクス配合!
「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」
ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌愛用者の声をチェック!