ラクトフェリンヨーグルトと比較!

ラクトフェリンを摂取する方法として主流なのがサプリメントとヨーグルト。サプリメントとヨーグルト、摂り方によってどんな違いがあるのでしょうか。ラクトフェリンサプリメントとラクトフェリンヨーグルトの成分や特徴を比較してみました。

比較する商品は、ラクトフェリンサプリメントは人気上昇中のホコニコのラクトフェリン+乳酸菌、ラクトフェリンヨーグルトは森永のラクトフェリンヨーグルト(クトフェリンヨーグルトは、現在森永乳業からしか発売されていません)です。

ホコニコのラクトフェリンは、2つの乳酸菌とラクトフェリンが摂取できるサプリです。整腸剤として配合されているのが、ビフィズス菌とフェカリス菌の2種類です。それに加えてラクトフェリン300mg、天然のオリゴ糖も配合しています。

森永のラクトフェリンヨーグルトは、プレーンヨーグルトにラクトフェリン100mgを配合した商品です。サプリではなくヨーグルトですから、食べながら腸の健康を守りたい方に選ばれています。

ラクトフェリンヨーグルトを1日1個食べた場合

まずは、ラクトフェリンヨーグルトを1日1個食べた場合とホコニコのラクトフェリンサプリメントの1日分を摂取した場合を比べてみましょう。

商品名 ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌
ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌
森永ラクトフェリンヨーグルト
森永ラクトフェリンヨーグルト
ラクトフェリン配合量 300mg 100mg
1日分コスト 150円 125円
1ヶ月分コスト 4,500円
(定期価格)
3,750円
原材料 ラクトフェリン
デキストリン
甜菜オリゴ糖
ビフィズス菌
フェカリス菌
乳製品
砂糖
乳たんぱく質
ラクトフェリン
香料
酸味料
ラクトフェリンヨーグルトを1日3個食べた場合

ラクトフェリンは1日300mgの摂取が望ましいと言われております。食材から摂るのが難しい成分なので、ラクトフェリンサプリなりヨーグルトなりでしっかり300mg摂るのがベストです。

ラクトフェリンヨーグルト1個にラクトフェリンは100mgしか入ってません。300mg摂るには1日3個食べることになります。今度は、ラクトフェリンヨーグルトを1日3個食べた場合とホコニコのラクトフェリン+乳酸菌の1日分のコストを中心に比べてみましょう。

商品名 ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 森永ラクトフェリンヨーグルト
ラクトフェリン配合量 300mg 300mg
1日分コスト 150円 375円
1ヶ月分コスト 4,500円
(定期価格)
11,250円

ラクトフェリンサプリvsヨーグルト 注目成分を比較!

ホコニコのラクトフェリンでの注目成分は、ラクトフェリンです。乳酸菌と合わせて整腸作用を期待するのはもちろんのこと、ラクトフェリンにはさまざまな対策ができます。アレルギー対策、免疫力アップ、風邪予防、ノロウイルス対策、中性脂肪を減らすなどの対策成分としておススメです。ラクトフェリン自体にも整腸作用が期待でき、Wのパワーが得られます。

森永のラクトフェリンヨーグルトも、同じくラクトフェリンが注目成分です。対策として使える内容は、ホコニコのサプリと同じなため、ヨーグルトを食べながら健康対策したい方によいでしょう。ラクトフェリンにはほかにも、貧血予防としても注目される成分です。

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌
ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌
森永ラクトフェリンヨーグルト
森永ラクトフェリンヨーグルト
フェカリス菌 カルシウム
フェカリス菌の最大の特徴は、加熱処理等による死滅後の摂取でも、効果があるという点です。普通の菌は、加熱をすると死滅し、その後体内に摂取したとしても効果はありません。しかし、フェカリス菌なら大丈夫です。熱にも強い菌は巷ではほとんど見られませんので、最近特に注目を浴びている菌です。
主に、整腸作用、免疫力のアップ、それに花粉症と言ったアレルギー症状を押さえる効果があります。非常に細かい粒子のため大量摂取が可能です。
ヨーグルトには牛乳由来のカルシウムが含まれています。カルシウムは骨を強くする働きが有名で、ほかにもイライラ予防、筋肉の収縮、イオンバランスを保つ、体の浸透圧を保つ、血液の凝固を防ぐ、心筋の働きを正常にする、抗アレルギー作用などが期待できます。カルシウムはホルモンや神経伝達物質の働きにも使われている物質です。カルシウムを吸収させるには、ビタミンDを一緒にとる必要があります。カルシウム不足は生活習慣病の原因にもなる成分です。

ラクトフェリンサプリvsヨーグルト 特徴を比較!

ホコニコのラクトフェリンは、耐酸性カプセルを使用しています。乳酸菌やラクトフェリンは胃で分解しやすい特徴があるので、胃酸に強いカプセルを採用しました。ラクトフェリンは腸まで届ける必要があるという報告もあるため、カプセルに工夫しています。また、定期購入利用で毎月お買い得になるのも特徴です。

森永のラクトフェリンヨーグルトは、食べるヨーグルトであるのがポイントです。サプリだとなかなか続かない人でも、毎日美味しく食べる方法なら、続けやすいでしょう。ラクトフェリンヨーグルトは程よい甘さに仕上げられた加糖タイプで、幅広い方が食べやすい味です。

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌
ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌
森永ラクトフェリンヨーグルト
森永ラクトフェリンヨーグルト
【対象年齢】
5歳~年配の方まで
【実際飲んでいる年齢層】
20代~年配の方
【こんな人におすすめ】
・免疫力を高めたい方
・家族で感染症予防をしたい方
・アレルギーが気になる方
・内臓脂肪が気になる方
・美肌対策をしたい方
・便秘ぎみの方

★ホコニコのラクトフェリンは、乳酸菌とラクトフェリンで整腸作用が期待でき、合わせてラクトフェリンで感染症対策、免疫力アップ、アレルギー対策などができます。内臓脂肪に働きかるともいわれており、中年以降で痩せにくくなってきた方におススメです。整腸作用で美肌対策も一緒にできます。必要な成分のみをシンプルに配合している優しいサプリなので、お子様も安心して飲むことができます。

【対象年齢】
離乳~年配の方まで
【実際飲んでいる年齢層】
20代~年配の方
【こんな人におすすめ】
・子どものおやつとして
・子どものノロウイルス対策
・腸内環境を整えたい方
・免疫力アップ目的に

★森永ラクトフェリンヨーグルトは、サプリが飲めない乳幼児からも対応が可能です。ヨーグルトは離乳からOKですが、初めて食べさせるときは少量から始める必要があります。ヨーグルトでラクトフェリンが摂取できるため、子どもから年配の方まで、食べながら健康対策ができる商品です。

口コミ集合!
ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌

お腹にくる感染症対策に 30代 女性

お腹の風邪や胃腸炎などにかかりやすいため、ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌を飲むことに。1日に飲む量が2粒で少なく、粒が小さくて飲みやすかったです。飲み始めてからは一度も感染症にかかっていません。辛い思いをしないことも嬉しいですが、病院にかからずに済むことも嬉しいです。毎月の定期的な出費はありますが、病院代と手間を考えれば、ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌の定期代は大したことないと思っています!

ラクトフェリンは花粉症におススメ 30代 女性 

もともと便秘体質なので、乳酸菌も入っていて、一緒に便秘も解消できたらいいと思いました。それから1年間くらい続けています。便通も改善されましたが、花粉症のほうが効いたように思います。毎年春になると花粉症が酷く、薬を飲まなければやっていられないほどです。今年の春はいちお薬はもらいましたが、飲まなくてもいい日もありました。このまま続けてみて花粉症の薬の必要がなくなってくれればいいと思います。

定期購入でリーズナブルなサプリ 20代 女性

有名メーカーのラクトフェリンサプリは高いので、いろいろと比較してホコニコのラクトフェリン+乳酸菌に決めることにしました。定価はあまり安くありませんが、定期購入を利用するとリーズナブルで続けやすいです。初回限定価格がお安かったのが、選んだ理由でした。以前からラクトフェリンは飲み続けたいと思っていたので、続けやすい価格の商品が見つかって嬉しいです。飲み続けてみると便秘ぎみだったのが、最近はスムーズになりました。何を飲んでも改善できず、乳酸菌やヨーグルトでも効果がなかったので、ラクトフェリンが効いていると思います。

森永ラクトフェリンヨーグルト

ヨーグルトを食べるなら 30代 女性

いつもは適当にヨーグルトを選んでいましたが、冬にやっていたCMでラクトフェリンの存在を知ってから、森永のラクトフェリンヨーグルトを買うことにしています。どのスーパーにでも売っているわけじゃないので、たまに買えない事も。そして、家族みんな(息子、私、夫)で1日1個ずつ食べているので、1か月の購入費用はかなり大きいと思います。ラクトフェリンサプリメントに変えたいのですが、息子にとっては錠剤が薬みたいで抵抗があるみたい。もう少し大きくなったらラクトフェリンサプリメントに切り替えたいです。

受験中の感染症予防におススメ 40代 女性

何か健康対策がしたいと思い、ヨーグルトなら続けられると思ってラクトフェリンヨーグルトを購入しています。一年に何度か風邪のような症状が出ますが、最近はひどくなりにくいようです。今は息子が受験生なので、感染症予防のために毎日食べさせています。ヨーグルトなので整腸作用も期待できるし、ラクトフェリンで免疫対策もできて便利な商品です。これからもずっと続けたいとは思っているのですが、大量にストックすると冷蔵庫がいっぱいになるし、賞味期限も気になる。そのため、小分けにしながらスーパーで買うようにしています。そこがちょっとめんどくさいです。

子どものインフルエンザ対策に 40代 女性

ラクトフェリンヨーグルトを飲み始めてから子ども2人とも丈夫になったような気がします。ラクトフェリンのおかげだと思うのですが、1か月の出費は痛いです。1か月1万円近くかかっているので、高額なサプリなみです。でも子どもの健康には変えられないため続けています。

まとめ

ラクトフェリンサプリとラクトフェリンヨーグルトの大きな違いは、サプリかヨーグルトの違いはもちろんですが、ラクトフェリン含有量に大きな差が見られました。

ラクトフェリン含有量と価格

1日2粒で300mgのラクトフェリンが摂れるサプリメントに対し、1日1個で100mgしか取れないヨーグルト。倍以上の差があるにも関らず、1日のコストは25円しか変わりません。仮に、ラクトフェリンヨーグルトを1日3個食べて1日300mgのラクトフェリンを摂るとなると、1日225円もラクトフェリンヨーグルトが高くなることになります。一般的なヨーグルトが2個買えてしまいます。

カルシウムや他の色々な乳酸菌を摂りたいなら、ラクトフェリンサプリメントとラクトフェリンヨーグルト以外のヨーグルトを食べるた方が、腸にもお財布にもベストな選択だといえます。

特徴

ホコニコのラクトフェリ+乳酸菌は腸までしっかり届く耐酸性のカプセルタイプとなっています。1日2粒だけといってもカプセルタイプなので、お子様は苦手かもしれません。口コミから分かるように、ラクトフェリンヨーグルトはお子様に人気があるようですね。家族でラクトフェリンを摂るのであれば、お子様はヨーグルト、大人はサプリメントとした方が、経済的にはオススメだといえます。

結論

森永のラクトフェリンヨーグルトは、美味しく食べながら整腸作用を期待するお子様におススメします。高価なラクトフェリンが通常のヨーグルトと同等の価格で食べられる商品です。お子様が毎日ヨーグルトを食べているなら、さまざまな効果が期待できるラクトフェリン入りを選ぶとよいでしょう。

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌は、乳酸菌とラクトフェリンで整腸効果が期待でき、合わせてラクトフェリンの免疫力アップ、抗アレルギー、感染症対策などができる商品です。胃酸で溶けにくい耐酸性カプセルを採用し、腸まで届くことを目指しています。最適なラクトフェリン量を手軽に手頃に取りたい方にはホコニコのラクトフェリン+乳酸菌がオススメです。優しい成分が詰まったラクトフェリンサプリメントなので、カプセルに抵抗がなければお子様も安心して飲むことができます。

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌公式ページをチェック!
ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌愛用者の声をチェック!